「メルカリ版」ケース別出品商品修正フロー

出品している商品が売れない時に、色々なパターンで悩みが生じていきます。
そこで正確な判断が出来ずに悩み続けてしまう人もいると思います。
そのように陥ってしまわないように、今回はケース別出品商品の修正についてお話させていただきます。

今まで表示されていたのに表示されなくなってしまった

【考えられる原因】

・同じ商品が出品中(コピーの可能性)

【対処法】

・商品タイトル、説明文を少し変更する

写真が一緒ではなくてもタイトルがまったく同じで出品をされると、両方またはどちらか一方が消えている可能性があります。
これを防ぐ為には商品タイトルをすべて作り直す必要があります。
注意点としては、試すように一時停止や再出品を何度も繰り返してしまわないようにしていください。
圏外飛ばしに遭ってしまったり、アカウントが止められる可能性があります。
説明文も文章の組み合わせを変えるなど少し修正をしても良いと思います。
私もメルカリ事務局の人間ではないので、こうすれば絶対大丈夫と断言はできませんが、少しの修正で解決する事があります。
原因はこうかもしれないと仮説を立てて検証しましょう。

それでも表示されない(タイトル・説明文修正済)

【考えられる原因】

・同じ商品名で2つ以上の出品がある(色・サイズ)

【対処法】

・画像ファイル名も全て変更する
・類似商品の出品を停止する

もし3つ以上の商品を出品しているのであれば、色やサイズを1つ減らす必要があります。
2つである場合は画像ファイル名を変更してください。
ファイル名の数字を少し変更するというレベルではなく、全く違う名前に変更しましょう。
それか類似商品の出品を一度停止して様子を見てみましょう。

それでも表示されない

【考えられる原因】

・出品禁止になった可能性も考える

【対処法】

・権利侵害、その他の出品禁止物か調査
 利用規約を参照する(アダルトグッズ等)

出品禁止になってしまった可能性があるので、権利侵害していないかなど利用規約を確認するようにしてください。
「~風」「~好きの方に」といってブランドの名称を利用していても、コピー商品とされて表示されない事例も出てきています。
特にアダルトグッズに関係しているものはすぐに表示がされなくなりますので気を付けてください。

アクセス数・いいねが少ない

今のメルカリでは自分の商品のいいねの数やアクセス数を確認することが出来ます。
また、自分がいいねをつけた商品のアクセス数もチェックすることが出来ます。

【考えられる原因】

・画像、タイトル、金額が適正でない

【対処法】

・商品画像の修正、その他全ての情報を最初からやり直す!(ライバルチェックも!)

クリックされていないということは、画像が魅力的でない、タイトルや金額が適正でない可能性があります。
そのような場合はライバルチェックをもう一度行い、最初からすべてやり直すことをオススメします。
アクセスやいいね数が少ない時点で、出品方法を間違えている可能性が高いです。
そもそもよく売れている商品を仕入れているのにアクセスが無いということは、商品まで購入者が辿り着けないか魅力的ではないということです。
商品は良くても出品の仕方が悪いと考えてください。

アクセス数はあるが売れない

【考えられる原因】

・人気商品だが購入する気になれない

【対処法】

・画像修正、タイトル、説明文の修正
・見込み客の検索キーワードなどを想定

購入する気になれないという原因が考えられますので、画像の修正を行いましょう。
画像の修正は面倒ですが、面倒なことをすると一番効果があります。
アクセス数があるのに売れない場合は画像が原因の可能性が高いのですが、見込み客の検索キーワードを想定できていなかったため、購入してくれる層のアクセスが少なかったという可能性もあります。
そのような場合もあるので、検索キーワードを意識して商品タイトルを変更してください。
タイトルの頭に記号を入れたり、「大人気」などのキーワードをタイトルに入れるのは止めましょう。

「いいね」は増えているが全然売れない

【考えられる原因】

・金額が適正でない
・ライバルの存在

【対処法】

・価格の修正
・ライバルチェック

いいねが付いているけど売れないということは、検討してくれているけど買ってくれないということです。
他にもっと安く売っている人がいるから購入してくれないというケースが多いです。
自分が適正価格で販売できていないということなので、価格の修正を行いましょう。
ライバルチェックを行っていくと売れる価格が見えてきますので、自分がそこに合わせていきましょう。
自分の都合で価格を決めて、面倒だから画像や説明文をいじらないというのは自分勝手ですので、売れる訳ありません。
適正価格に修正すると利益が取れないのであれば、その商品を扱うべきではありません。
リサーチの仕方から考え直しましょう。

ライバルに真似されて困っている

【考えられる原因】

・ライバルが真似をしやすい出品方法

【対処法】

・中国画像だけで出品はテスト後停止

中国画像を使用して安く商品を出品すればもちろん商品は売れますが、簡単に真似をされてしまいます。
そのうちに売り上げは止まってしまいますので、テスト販売後は自分で作った画像を使用しましょう。
アパレルはモデルが着用している画像を使用しなければならないのはわかりますが、それを踏まえてアパレルはオススメしません。
アパレルは売れる時は利益率が高いのですが、在庫が残ってしまったりサイズや色の種類を揃えなければならなかったりするので、大量販売には向いていないと思います。

商品の故障が多くて困る

【考えられる原因】

・電源を必要とする商品は故障が多い

【対処法】

・仕入れ先を変更または販売停止
・検品作業の強化
・動作確認後発送など

中国製品をバカにしているわけではありませんが、商品の質はあまり高くありません。
しかしそれを考えずに商品がよく壊れると輸入代行業者に文句を言うのは私は違うと思います。
中国製品はそもそも壊れやすいというのを薄々わかって仕入れているはずです。
それでも故障が多くて困る場合は、輸入代行業者に相談して仕入れ先を変更してみましょう。
相談した結果検品作業や動作確認を徹底していただける場合もありますので、まずは代行業者に相談してみましょう。
それが上手くいかなかった場合は、商品の故障によるロスも始めから認識して仕入れをすれば、故障によるストレスは軽減されます。
もちろんコストは高くついてしまうので、取り扱いを止めるのも良いと思います。
その商品を扱うことへの思い入れは持たず、取り扱い続けるかどうかを考えましょう。

売れる商品画像が作れない

【考えられる原因】

・自己流での画像作成になっている

【対処法】

・面倒でも画像加工は自分でやってみる
・プロの見本を元に真似をするだけでOK

今までデザインなどとまったく関係が無い仕事をしていた人は、画像加工が苦手で画像がダサいこともあります
しかしこれは訓練として自分でやってみるしかありません。
ここで注意点なのですが、メルカリでその商品をよく売っている人を見本にしても、その人より商品が売れることはありません。
そのためプロが撮影している商品画像を見本にして、画像加工をしましょう。
始めは下手くそでも、段々とプロの画像に似ていきます。
私はそのようにやってきましたので、自分で画像加工した商品は必ず売れます。

自分でも画像加工のセンスが無いと思う程苦手

【考えられる原因】

・ワンパターンな画像加工しか出来ない

【対処法】

・外注化も検討する(NAOに一度相談を)

年齢を重ねるほど、苦手意識を持っている自分を変えるというのが難しくなってきているという自覚があると思うので、割り切って業者に外注化してください。
素人の外注さんにお願いしてもあまり品質が高くない可能性が高いので、デザインのプロにお願いしましょう。
悩んでいる方は私にすぐ相談して、前に進んでいきましょう。

何をやっても全然売れない

【考えられる原因】

・出品方法に問題がある可能性が大

【対処法】

・今すぐ全ての作業を停止してNAOに連絡して相談して下さい!

相談していただくために私がいますので、悩んだままにせず相談してください。
自分の作った商品ページを見せるのが恥ずかしいと思うかもしれませんが、何もせず悩み続けている方が恥ずかしいと思います。
私ではなく友達や家族に相談をしても大丈夫ですが、私に相談していただけるのが一番効果的です。

他にも悩みがあれば

・NAOに具体的な悩みを相談してください※もちろん匿名でOKです!

他にも色々な相談はありますが、今回は特に多いものをまとめてお話させていただきました。
ただ1人で悩み続けていても商品は売れませんので、気軽に相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です